輸入 壁紙

美しいデザイン、発色の良さ、多様なディティールが輸入壁紙の魅力です。
国内の壁紙はほとんどがビニールの無地ですが 、輸入壁紙は不織布、紙、織物など豊富な素材があり
デザイン性の高いものが次々と生み出されています。
多様な質感とデザインで美しく個性的な空間を演出しませんか?
縦糸を裏打ち紙に貼り合わせた壁紙。
糸の質感や光沢などがそのまま表現された高級感のある壁紙です。
無地のカラーバリエーションや表面にプリントを施したり、様々な糸を貼り合わせたりとバリエーションが豊富です。
縦糸整経壁紙は、ジョイントも目立ちにくく、無地調のタイプは、たて貼りよこ貼りの両方が可能なものもあります。
国産壁紙に多い無地系ビニール壁紙に比べ、紙ならではの自然な触感により、空間に優しさを与えます。
また、輸入壁紙には、油絵のように立体的にプリントされたものなど、独特の風合いや色合いを持つものもあります。

繊維系壁紙

(不織布)

海外では主流となっている素材です。
ファブリックのような質感のものから、和紙のような風合いのものまで様々なタイプが開発されています。
紙壁紙に比べ、破れにくく丈夫で水にぬれても伸びにくい特性があります。

ビニール壁紙

日本のビニール壁紙と比べ、色やデザインが豊富です。
エンボス加工や最新の印刷加工技術を取り入れ、
本物の絵画のような表現さえも可能にしています。

 

織物・紙壁紙工業会

 

 

 

 

info@orimonokami.jp

©2019 by 織物・紙壁紙工業会  All Rights Reserved.

glyph-logo_May2016_mono.png
f_logo_RGB-Hex-Blue_512mono.png
IMG_4922.PNG