素材散布 壁紙

ガラスビーズ、天然石、珪藻土、パルプチップ、天然木チップ、もみ殻など、様々な素材を振り撒いて作る壁紙です。ガラスビーズが生み出す光沢感、天然石や珪藻土を使用した塗壁調、柔らかい空間を生み出すパルプチップなど素材の特性を生かしたデザインが特徴です。本物の素材から生まれる風合いや凹凸、光沢感やマット感で素敵な空間をお楽しみください。 
珪藻土は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)です。
日本では、塗り壁の主原料としてよく使われている原料となります。
和調壁紙の定番材料で、天然石、もみ殻、パルプチップなど様々な素材に珪藻土を施し、調質効果を高める特性を持っています。
意匠的にもマッド感が増し、土壁の風合いを醸し出しています。
大理石、硅石、蛭石などの天然石を使用しております。その中でも特徴的な石が蛭石です。
石を粉砕し、焼成すると石がうねりながら膨らんでいきます。
この様子がヒルに似ているところから蛭石と呼ばれるようになりました。
軽くて柔らかく、調湿、吸音等の効果があり、欧米では、大変人気のある壁紙です。
大理石や硅石は、主に塗壁調の壁紙に使用されています。
天然植物系の材料として代表的なものとなります。
いずれもリサイクル材として回収し、粉砕、クリーニング、選別を行い壁紙の表装原料として使用しております。
独特の凹凸感と植物の柔らかさが落ち着いた空間を演出します。
バージンパルプの繊維と炭酸カルシムを主原料とし、高速回転ミキサーで粒状に加工して壁紙の骨材へと生まれ変わります。
非常に汎用性が高く様々な製品に使用されており、加工性も高いのでエンボス加工にも適した骨材です。パルプの素材感が、柔らかい空気感を生み出します。
ガラスビーズを使用したハイグレードな壁紙です。
光の当たり方や見る位置によって様々な表情を楽しむことができます。
また、その透過性を生かし、下地に柄を印刷した壁紙も人気です。
ガラスビーズのキラキラとした光沢感で、他にはない空間を演出してください。

 

織物・紙壁紙工業会

 

 

 

 

info@orimonokami.jp

©2019 by 織物・紙壁紙工業会  All Rights Reserved.

glyph-logo_May2016_mono.png
f_logo_RGB-Hex-Blue_512mono.png
IMG_4922.PNG